5月28日, 2004 22号

 目次に戻る

国境内避難民(IDP)と難民の差?

国境内避難民(IDP) - 国境内に留まっている避難民. 国境内避難民(IDP)は "武力闘争、一般的な争い、 人権侵害、自然または人災害を避けるため家を捨てざるおえなくなった個人またはグループ."1

国境内避難民(IDP)と難民の定義とよく似ている。  リスペクトは戦争に影響された国境内避難民(IDP)と難民の両方のグループを対象にして運動を行っているので EZINEには 国境内避難民(IDP)と難民との両方に関した記事を記載してきている。では 何が 国境内避難民(IDP)と難民の間の差であるか?

違いは 国境内避難民(IDP)は "国際的に認められた国境;"2 を越えず 祖国の国内に留まっていることである。

世界中で約2億5千万人の国境内避難民(IDP)、特に子供と女性、が いると推定されている。国境内避難民(IDP)は  難民と違い国際法で保護されていない。 まして国によっては 政府は母国民である国境内避難民(IDP)を'反政府主義者'として扱っている。

"これらの避難民は 過去限られた援助を受けている。 ジュネーバ会議の後見機関として国際赤十字は何十年もこの問題に取り組んでいるが この数年他の機関や政府も どのようにこの問題を対処するか積極的に議論に参加し始めた。国連特別議会は 国境内避難民に関するガイドラインのしおりを発行し それには各国政府や人権保護団体への30項目による国境内避難民の援助の手引きが含まれている."3

国境内避難民(IDP)と難民は同じような理由によって家を離れるが 彼らの受ける対応はまったく違う。 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の援助を受ける国境内避難民(IDP)もいるが,  一般的に国連難民高等弁務官事務所の援助は難民を祖国の国境内避難民の地域に送還するに留まる。

1Internally Displaced Persons Questions and Answers, UNHCR, February 2004, pg 6.

2同上, pg 13.

3同上, pg 11.

 目次に戻る